忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/09/24 15:57 |
うーん、「軍師官兵衛」・・・。
ルージュ

「軍師官兵衛」も40話を過ぎ、早いものです。一応欠かさずに視聴しています。
 
石田三成がこれでもか!というくらい佞臣として描かれているのはよいとして、官兵衛がいとも簡単に陥れられたりと、ひたすら翻弄されているイメージしかないのがなんとも気になります。
 
「軍略には長けていても、組織の中で上手く立ち回るような処世術には疎い」というタイプの軍師なのかもしれませんが、何しろ戦のシーンがあっさりし過ぎなので、なかなか有能さが目立ちません。秀吉への諫言も、言い方がストレート過ぎて怒りを買う始末・・・(- -;)
 
結局のところ、信長・秀吉・家康主導の「お馴染みの展開」がさくさく進んでいる印象が強いので、黒田官兵衛が主役ならではの展開が少ないかな、と感じます。脇の荒木村重の方がずっと面白い人物でした・・・さすがに主役には難しい人物だと思いますが。
 
やはり大河ドラマの登場人物は「いい子」でありすぎるのかも知れません。もっと腹黒さがほしい・・・(笑)

PR



2014/10/22 06:11 | Comments(2) | オリジナル

コメント

たまに、、、しかも断片的にしか見てないのですが。。。歴史がどうであろうと、とにかく主役になると、その人を良く見せようとして周りの人物像も変わってきちゃいますよね。。。はじめから「カンベエは主役にならないよなあ。。。」って、思っていたんですが。。。戦の場面は克明に描こうとするとお金かかるし。。。とか、つい、意地悪く考えてしまいます^^;;;。NHKの主役って、おっしゃるとおり、いい子ですよねwww
posted by アッサム at 2014/11/03 16:07 [ コメントを修正する ]
>アッサムさん
アッサムさん、コメントありがとうございます♪
アッサムさんは当初から官兵衛が主役なのは難しいと考えていたんですね。私は秀吉の人物像をこれまでとは思いっきり変えてみればなんとかなるかも、と思っていたのですが、結局いつも通りの秀吉で・・・(^ ^;)

戦のシーンはやっぱりお金をかけないように作られているように感じますね。播磨での小競り合いの頃は割と良かった気がしますが、大規模な戦になるほどさくっと終わってしまっているような(笑)
posted by 風の浪士 at 2014/11/04 18:51 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<懐古 | HOME | もう秋色濃く>>
忍者ブログ[PR]