忍者ブログ
遺影の話
雨に打たれる

自然のシャワー

やっと梅雨らしい天候になってきたような今日この頃。
近頃はずっと絵も描いていなかったので、久しぶりに落描きしてみました。

結構前の話になりますが、自分の机の正面の壁にご先祖様(曽祖父母、祖父の三人)の小さな遺影を飾ってみました。都市部の家にはあまり無いのかも知れませんが、先祖の遺影が壁の上の方に並べて飾ってある、あれになんだか憧れみたいなものがありまして・・・。

先祖の遺影って、特に子供が怖がるらしいですね(^ ^;)
おそらく昔の人の写真はモノクロでなおかつ、真顔で写っているものが多いためだと思われます。なので、これから遺影を撮る場合は笑顔にした方が良さそう。そんな笑顔の先祖の遺影が増えれば、家族が大勢いるみたいで楽しくなるかも知れない、と思うのですが。

母方の先祖の写真は一度も見たことが無いので、次回訪ねた際に見せていただこうと思っています(かつては遺影が飾ってあったらしいのですが、伯父がしまってしまったそうです)。
PR



2013/06/21 20:04 | Comments(2) | オリジナル

コメント

う~ん、、、私もお子ちゃまなのか、部屋に先祖の写真を飾るのはちょっと怖いような気がします。。。^^;;;。なので、飾っているのは一年前に死んでしまった愛犬だけ。。。(汗笑)。
自分の日ごろの行いが悪いせいかもしれませんが(笑)、見つめられてると何となく落ち着かない気分になる気がして。。。。
でも、田舎にあるような立派な日本家屋に先祖や親類の写真が飾ってあるのを見ると、何となく羨ましくなるのはなぜだろう。。。(笑)。
浪士さんはきっと日ごろ先祖に見られても恥ずかしくない行いをしているのだなあ、と思いました^v^♪♪♪
笑顔の写真なら、確かにいいかもしれませんね^^。母方さまの写真、見られるといいですね^v^~~~♪♪♪
posted by アッサム at 2013/06/22 12:23 [ コメントを修正する ]
>アッサムさん
アッサムさん、コメントありがとうございます♪
私も遺影を飾ってから、「う~ん、これでは悪いことは出来ないなぁ・・・」と思いました(^ ^;) ただ、不思議なのですが、普段は人の視線を気にしすぎるところがあるのに、ご先祖様の写真は嫌な感じではなく、なんとなく見守られているような気がします。

私も昔は遺影って、なんとなく怖い印象があったのですが、先祖や親戚のことを調べていると、風貌や性格が似ている人が多くて、とても親近感を抱くようになりました。怖いという感覚は単なる恐怖ではなく、畏敬の念もあるのかも知れませんね。

私が次に行くまで、母方の先祖の写真が捨てられていないことを祈っています・・・(笑)
posted by 風の浪士 at 2013/06/22 18:35 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<探検隊、復活!? | HOME | 全員集合!>>
忍者ブログ[PR]