忍者ブログ
保健室の
保健教諭

「・・・ん?どうしたの?○○君」

何のテーマも決めずに描き始めたら保健室の先生になっていました。
女医さんかもしれないけど、私は病院が苦手なので、多分、保健室の先生です(笑)
昔、保健室のオバさんっていうドラマがありましたね。確か松雪泰子さんやV6の三宅君が出ていたような。

間違えて顔のベースに茶色を塗ってしまったんですけど、薄く塗るとちゃんと肌色っぽくなるものですね。初めて知りました(汗)
PR



2011/07/22 16:27 | Comments(4) | オリジナル

コメント

遠めに見ててセレストさんのスーツ第2弾かと思い、ちょっとドキッとしてしまいました。セレストさんではありませんでしたが、どっちにしてもドキッとなってしまいました。(笑)

う~ん、一言でいうと・・・たまらんですな!(笑)


日本人の肌が黄色なんで、多分、黄土色が丁度いい感じになったんですね。私はたまに人肌の下地に黄色を薄く塗るんですが、その上から肌色を塗ると黄色っぽい肌になります。(調整が狂うと真っ黄色になりますが・・・)
posted by B・INABA URL at 2011/07/22 23:42 [ コメントを修正する ]
>B・INABAさん
B・INABAさん、コメントありがとうございます♪
描いていて、自分でも「これは『スーツ萌え』の流れだな・・・」と思いました(笑)
ドキッとなっていただけたのが非常に嬉しいです♪こんな先生がいたらいいな♪

なるほど、黄色+肌色ですか!確かに黄色が強すぎになることってありますよねー。私も以前は黄色+ピンクを「標準的な肌色」にしていたのでわかります。
ちなみに今は、トンボ鉛筆の色辞典の渋紙色を肌色にしています。これが茶色を薄く塗ったのとよく似た色だったんですね。本当はもっとこだわって人種によって色分けもしたいのですが、白人も日本人も同じ色になってます(汗) ハードラとアウラくらいになるとさすがに色を変えますが・・・。
posted by 風の浪士 at 2011/07/23 06:00 [ コメントを修正する ]
こんな保健の先生がいたら、女性の私だってドキドキしちゃいます!萌えwww
いつ見ても浪士さんの線は綺麗で、と、、、コメントする私もしつこいのですが、
(だって本当に線が綺麗で・・・;;;。)
まず始めに絵をクリックしましたが、茶色をのせたことには気がつきませんでしたよ^^♪
下絵のように色を数回に分けて塗ってるんですね。そこまで気を遣っているなんて気がつきませんでした。
水彩の場合で恐縮ですが、私は最初に色を塗って、次に影色に薄い青紫を塗るなんてこともします。二重塗りすると、絵に厚みが出ますよね~~~^v^♪
posted by アッサム at 2011/07/24 16:50 [ コメントを修正する ]
>アッサムさん
アッサムさん、コメントありがとうございます♪
女性だとこういう絵はどうなのかなぁと思っていたのですが、ドキドキしていただけて嬉しいです(^o^)
いつも線をお褒め下さってありがとうございます~。しつこいなんてとんでもないです!「アッサムさんに褒めていただけた!やった!」と思っていますので♪

茶色を塗っていることに、自分でもしばらく気が付きませんでした・・・(笑)
色鉛筆での混色(重色?)はちょっと面倒でもあるのですが、自分で思っていたような色になった場合はなんだか嬉しいのです。
アッサムさんは水彩で陰の色に青紫を入れているんですか!料理で言えば隠し味というところでしょうか、厚みや深みが出ますよね(^ ^)
posted by 風の浪士 at 2011/07/25 05:55 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<落描き集 | HOME | 或る女性の肖像4>>
忍者ブログ[PR]