忍者ブログ
大河ドラマ「軍師官兵衛」と水槽の近況
水槽

長い間、ブログでは全く話題にしていませんでしたが、実は抜群の安定感で続いている水槽のカワニナ飼育です。数は少ないですが、第三世代(最初のカワニナの孫と思われる)が元気に暮らしています。
 
さて、大河ドラマ「軍師官兵衛」が始まって、三話の放映が終了しました。
幼少期や、若き日の官兵衛の行動など、史実の割合がどの程度なのか、かなり怪しい展開が続きますが、後の関ヶ原などとは違った、小勢力同士の小規模な合戦シーンは結構好きです(^ ^)
 
竹中半兵衛が諸葛亮だとすると、黒田官兵衛は司馬懿、のようにあくの強いイメージがあるのですが、現時点では普通にいい人っぽい感じです。主役とは言え、あまり「いい子」過ぎないキャラクターを期待したいところなのですが。
 
個人的に期待しているのは梟雄、宇喜多直家です(笑)
これまでの大河ではほとんど扱われていないと思うので、これを機に、もっと有名になってもいい人物ではないかと思います。

PR

2014/01/20 18:18 | Comments(3) | アクアリウム
カワニナの子貝
カワニナの子貝

いつの間にか水槽のカワニナに子貝が誕生していました。
一応、カワニナは飼育当初の1匹から3匹に増やしていたのですが、まさかこんな寒い時期に繁殖するとは思っていませんでした。

わかりづらい写真で恐縮ですが、写っている黒い粒々が子貝です。水作エイト(投げ込み式フィルター)の中にも入り込んでいました(笑)

2012/03/04 14:07 | Comments(0) | アクアリウム
アクアリウム再開
再開

すっかり書きそびれていたのですが、水槽の魚たちが死んでしまい(大きく環境を変えたのがいけなかったようで・・・)、それ以来ずっとアクアリウムから離れていたのですが、先日再開しました。

現在の住人は写真の通り魚ではなく、カワニナという貝です。カワニナは過去にも魚と一緒に飼ったことがあるのですが、環境が合えば爆殖、合わなければ割と簡単に死んでしまうという、実は魚よりも難しい印象です。一応水槽立ち上げから1週間以上たったので少しは安定に近づいているとは思うのですが。

フィルターは前と同じく、エアポンプ+水作エイト。設置したばかりの時は音が大きくて困ったのですが、エアチューブを長くすると一気に音が小さくなりました。エアポンプの振動がチューブを伝わって水槽の中まで達していたのが音の原因だったようで、チューブに触れてみるとわかるのですが、長くするとそれがほとんど伝わらなくなるようです。

エアポンプの音対策は、下にマットを敷く、上からぶら下げるなどの方法がありますが、エアチューブを長くすることもひとつの重要な対策となりそうです。「エアポンプがなんだかうるさい・・・」と感じている方は試す価値ありなのでは。

2012/01/31 05:18 | Comments(2) | アクアリウム
エアポンプ変更
e-AIR1000S

足元にあったタップは、水槽から水が溢れたとしても水が掛かり難い場所に移動しました。

ついでに、エアポンプを水心SSPP-3Sから、押入れで眠っていたGEXのe-AIR1000S(写真)に変更しました。エア量を絞って使っていた水心の方が音はずっと小さかったのですが、消費電力はe-AIRが半分以下となるのです。・・・と言っても2.8Wが1.2Wになったという、非情に細かいレベルでの差ではあるのですが、震災以来、できるだけエネルギーを使わずに、という思いが強くなっているので。チリも積もれば・・・と言いますからね(^ ^)

ちなみにe-AIR1000Sも、個人的にはそんなに音が大きいとは感じません。気になる人は気になるでしょうし、個体差はあるかも知れませんが。水心はSSPP-7Sも使ったことがありますが、e-AIR1000Sよりも音が大きかったです。

2011/04/06 17:26 | Comments(2) | アクアリウム
水位を下げる
水位変更後

地震対策・・・になるのかどうかわかりませんが、水槽の水位を下げてみました。地震時にこぼれる水も少しは減るかも知れません。

あとはタップをなんとかしたいところ。
水槽は机上にあり、タップは足元にあるのですが、これに水が掛かって火災・感電に繋がるのが一番怖いです。

地震対策は以前からやっておこうと思っていながら、全然手をつけていませんでした。限界はあると思いますが、やれることはやっておきたいです。

2011/03/29 20:55 | Comments(0) | アクアリウム

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]